Saturday, September 8, 2007

ITpro challenge!

ITpro challenge! で「ハッカーのソフトウェアエンジニアリング」というネタでしゃべってきた。説明しようとするとある意味あたりまえなことの積み重ねでしかなくて、うまく説明できたのかどうか。 「エンジニアに必要なのは技術だけじゃない」というのを時々みかけるけど、「技術がない人はエンジニアじゃない」というのが欠けてるような気がする。とにかく基礎的な技術をつみかさねていくことが大事なんだということがひとつ。 ハッカーが実践していることは、フリーソフトウェア・オープンソースソフトウェアの世界でも、Googleの中とかでも実はあんまりかわらないのがもうひとつ。ITpro challenge!の他の発表者の人のを聞いてもやはりやり方としてはあんまりかわらないよなーと思いました。 あと追加するとすれば、知識をだしおしみしないほうがよいということと、ああいうイベントにでるとやはりいろいろ刺激をうけていいなあということかな。 面接についてはいろいろ面白い話があるけど具体的にいえないのが残念。ちなみにSoftware Engineer では、こんな問題 はだしません。 What to expect from your Google interview を見ましょう。 FizzBuzz問題が簡単すぎるという人はいろいろなバリエーションを考えてみるといいかも。例えばこういうの
  • 制限を加える(ループを使わないで書く、剰余を使わないで書く、…)
  • printせず list にしてかえす
  • FizzBuzzをテストするプログラムを書く
  • 3とか5がパラメータ化されているとして、出力からそのパラメータを調べる
来週は LinuxConference 2007 をよろしく。 2007/09/10 23:30 追記: ITProの記事