Wednesday, October 8, 2008

3分 Code Reading - date編

晩飯くってまったりしている頃にIRCを見ると次のような会話が。
22:44 <yaegashi> unix time からふつうの時刻表記に直すのはどうやる
22:44 <yaegashi> irb とかつかわずに
22:45 >ukai< % ruby -rtime -e 'puts Time.at(1234567)'
22:46 <yaegashi> いやだから ruby とかつかわんで(わら
22:46 <ar-m> dateコマンドで
22:46 <yaegashi> date(1) でなんとかできんのかな
22:46 <ar-m> できそうなもんだけどな
そうだなあ と思い、ちょっと調べてみることにした。 出力する方はdate +%sだけど逆はないものか。 まず何も考えずに
% date -d "$(date +%s)"
date: invalid date `1223478096'
で駄目。 date(1)を見てもちゃんと書いてない。
オプション
-d datestr, --date datestr
現 在の時刻・日付の代わりに、 datestr で指定された時刻・日付を表 示する。 datestr は普通のフォーマットならだいたいなんでも使う こ とができる。月名、タイムゾーン、`am' や `pm' なども用いてよい。
man -L C date しても特に情報はなさげ。 そういう時はやっぱりソースを見るのが早いかなと思うが、ソースとってきて展開するも面倒だなあと。(まあ apt-get source coreutils でいいんだけど) というか、こういう時こそwww.google.com/codesearchではないかと思い出し、早速検索。 dateコマンドはcoreutilsパッケージの中にあったよなということで、まずはdate.c coreutilsで検索。最初の候補はman/Makefile.am。manじゃないので..へ移動してみて、srcに移動。 するとdate.cがあるのでそれを見てみる。ざっと見ていくと
335  switch (optc)
336    {
337     case 'd':
338       datestr = optarg;
339       break;
とあるのでdatestrをたどっていきoption_specified_date = truereference = NULLなので
494  /* (option_specified_date || set_date) */
495     if (reference != NULL)
496        {
497          if (stat (reference, &refstats) != 0)
498             error (EXIT_FAILURE, errno, "%s", reference);
499          when = get_stat_mtime (&refstats);
500        }
501      else
502       {
503         if (set_datestr)
504           datestr = set_datestr;
505         valid_date = get_date (&when, datestr, NULL);
506        }
に辿りつく。get_datedate.cにはなさそうなのでcoreutils-6.6.tar.bz2get_dateを検索するとgetdate.cが見つかる。が、これbisonで生成されたコードなので、元のgetdate.yの方をみてみる。 ざっと見ると
238 spec:
239     timespec
240    | items
241    ;
242
243 timespec:
244  '@' seconds
245    {
246      pc->seconds = $2;
247      pc->timespec_seen = true;
248    }
249   ;
を発見。どうやら @を数字の前につければよいらしい。 というわけで試してみる。
% date -d "@$(date +%s)"
2008年 10月  8日 水曜日 22:54:21 JST
% LANG=C date -d "@$(date +%s)"
Wed Oct  8 22:54:21 JST 2008
結局manとか読んだりいろいろ試したりするのに5分少々、codesearchしはじめてからここまでは3分少々なかんじ。ということで報告
22:55 >ukai< わかった
22:55 >ukai< date -d "@$(date +%s)"
22:55 >ukai< @ をつけるべし
22:59 <yaegashi> @ てなんだ
22:59 <yaegashi> きいてないぞ
23:00 <yaegashi> どういうことだ
そういやinfoを見てなかったなあ と思ってinfo dateを見ると書いてあるね。
File: coreutils.info, Node: Seconds since the Epoch, Next: Specifying time zone rules, Prev: Pure numbers in date strings, Up: Date input formats

27.8 Seconds since the Epoch
============================

If you precede a number with `@', it represents an internal time stampas a count of seconds. The number can contain an internal decimalpoint (either `.' or `,'); any excess precision not supported by theinternal representation is truncated toward minus infinity. Such anumber cannot be combined with any other date item, as it specifies acomplete time stamp.
まとめ
  • Epoch time/unix timeから普通の時刻表記にする時には unix timeの前に @ を付けたものを datestr として date(1)の -d オプション(--dateオプション)に渡せばよい。
  • www.google.com/codesearchで検索するのが楽
  • GNU productsはmanよりinfoを読もう。see GNU Coding Style: Man Pages
    In the GNU project, man pages are secondary.