Saturday, November 3, 2007

Real UNIX MAGAZINE Day

Real UNIX MAGAZINE Dayに参加してきた。 UNIX MAGAZINEでは一度も執筆したことないのだけど、OSパネルでLinuxについてということでLinuxとかDebianのサイズ変遷とかDebian Description Trendsの話を適当に。プレゼン資料はGoogle Presentationを使ってみた。chatに参加してくれた方ありがとうございました。 未来については不自由なプラットフォームの台頭は無視することはできないと思う。もちろんどんなことでも技術的に回避することはできるのかもしれないけど、そうすることが許されなくなることはありえないことではない。だいたい世の中技術的にはできるけど許されない(犯罪になる)ことは既にいっぱいある(身近(?)なところではコンテンツのコピーとか)。そうならないようにするためには、ソフトウェアの自由な環境がすばらしいこと・なくてはならないことを信じてくれる人を増やしていくことが大事なのだと。 今の環境に(あきらめて)満足せずに、駄目なところを見つけてどんどん改善していきましょう。ハッカーにとってはそうやっていろいろいじることが一番楽しいことのはず。Happy Hacking! 終わった後は神保町ブラッセルで宴会。ベルギービールのみまくり。
和田先生の howmany0s (0の数をカウント)は UNIX人間ならこうしちゃうかなと思った。 seq $start $end | sed -ne 's/[^0]//g;H;${x;s/\n//g;s/0/+1/g;s/^+//;p;}' | bc もしくは seq $start $end | sed -ne 's/[^0]//g;H;${x;s/\n//g;s/0/0\n/g;p;}' |sed -e '/^$/d' | wc -l seq $start $end | sed -ne 's/[^0]//g;H;${x;s/\n//g;p;}' |wc -c (ただし、これは改行もカウントしちゃうので -1 しないといけない) sed使わないとこうとか seq $start $end | tr -d '1-9' | wc | awk '{print $3-$1}'