Tuesday, December 16, 2008

丸山不二夫レクチャーシリーズ第2回 クラウドのエンタープライズ利用をめぐって

丸山不二夫レクチャーシリーズ第2回 クラウドのエンタープライズ利用をめぐってにいってきた。
ちょっと遅刻ぎみでいったら、すでにだいぶ席がうまってた。席をさがして前のほうにいったらたまたま首藤さんの隣
丸山先生の話を聞くかぎりでは、Microsoft Azure SQL Data Serviceは、DHTで構築されたkey-valueの分散データストアで、SQLぽくアクセスできるというかんじなのかな? できることはGQLと似たようなもの? Bigtableでは、rowkeyをうまく設計することでRowのlocalityをある程度制御できる(同じtabletになるかどうかは基本的にbigtable serverが制御しclient側ではしない。App EngineのDatasource APIで使う場合にはindexテーブルとかもあるので気にする必要はない)けど、Azure SDSではPartitioning Keyでclient側がどう分割するかを決めるというあたりが違ったりする? とか聞きながら考えてた。
今回は発表者としてではなく聞きにいっただけ。発表者のMacBookのVGAアダプタがなんかおかしかったみたいなので、持ってたやつを貸してあげた。内容自体は基本的に札幌のJava Festa 2008とほぼ同じ。前回と違ってデモの失敗もなく無事終了。
その後、懇親会があったようだけど、今日は会社のYear End Partyがあったので懇親会には不参加。